当日中に利用できない

急ぎでお金が必要な時に便利なのが、即日融資のカードローンです。しかし、今日中にお金が必要だったのに間に合わなかった、即日融資なのに審査の結果は翌日の連絡だった、というケースもあります。即日融資だからといって、必ずその日の内に融資可能とは限りません。

 

まず即日融資の方法として、カード発行前に口座に現金を振り込んでもらう方法があります。来店不要ですぐに対応してもらえるのがメリットですが、銀行業務が15:00で終わってしまうので、それまでに振り込んでもらえなければいけません。金融機関によって多少変わりますが、14;00までには申込みを済ませないと間に合わないので注意しましょう。

 

もしも15:00を過ぎてしまっても、契約機などでカードを受取ればその日の内に融資をうけられます。また、モビットなど一部カードローンでは、持っている銀行口座によっては15:00以降も口座振込に対応しているケースもあります。

 

即日融資可能と記載があっても、土日祝日には注意が必要です。最近は銀行のカードローンでも即日融資対応の所がありますが、平日のみのケースもあります。また、見落としがちなのが審査時の在籍確認です。

 

申告した職場に在籍しているかを電話で確認する金融機関がほとんどですが、土日に電話に出る人がいない会社の場合、それが原因で融資が平日に回される場合もあるので注意しましょう。

 

銀行のカードローンでは審査を保証会社が行うところがほとんどで、保証会社が信販系の場合には土日審査を受け付けていない場合があります。一例を挙げるとすればみずほ銀行カードローンで、オリコが保証審査を行うために土日は対応をしていません。

 

週末の申し込みは週明けに回されるため、手続きを進める前にはそのあたりの基本情報を調べるためにもみずほ銀行でのカードローンの借り方を見ておくべきです。